Home > 2009年10月

2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【戦国ヘルム】大胆なアレンジの戦国武将イラスト集

戦国ヘルム戦国ヘルム
(2009/10/31)
戦国ヘルム製作委員会

商品詳細を見る


■商品概要
戦国武将の特徴やイメージを思いきりデフォルメ&アレンジすることで、より勇壮に、
より美しく、よりドラマチックに戦国武将を現代に顕在化させるイラスト集。
総勢24人の厳選絵師が描く戦国肖像画×50枚に、各武将の詳細データベース、
合戦考証を加えた戦国ビジュアル・ブックです。

■内容
伊達政宗、真田幸村といった人気武将をはじめとする40人ほどの戦国武将をイラスト化。
アレンジの効いた大胆すぎるイラストに加え、各武将のエピソードや年齢年表など、
いたって真面目な内容のデータベースも掲載されています。

■著者
環望、陸原一樹、戸橋ことみ、夢路キリコ、RARE ENGINE、織音、河崎淳、
Wolfina、獅子猿、絵楽ナオキ、詩田央、セツ、元ハルコ、木志田コテツ、
henomon、前田シス子、雪野ツナコ、まちのとし、Rebis、御堂、秋沢摩知、
琴吹かづき、津島直人(順不同)


アレンジが大胆です。

大胆すぎで一見誰かわからない戦国武将がいますが
それもまたアレンジの面白さ。

つい先日、もののふのブレーンと打合せをしていた時に
戦国武将のイラストは精巧な甲冑を描くのが難しい(面倒?)ので
描くことへのハードルが高いのではと話をしておりました。

作ることも難しく、描くことも難しい甲冑。

それをどう表現していくか、もののふブランドの課題でもあります。

さまざまな切り口で表現された戦国武将のイラスト集。
いろいろと考えながら眺めると新たな発見がありそうです。

戦国ブログが大集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


11/3は天守バスツアーの為、お休みを頂きます。
もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


【11月で天守は1周年を迎えます。】
10/31、11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

「慶次郎物語・序章編」上演-ダンス、芝居、映像の融合作品【鶴次郎】

一夢庵風流記 (集英社文庫)一夢庵風流記 (集英社文庫)
(1992/12)
隆 慶一郎

商品詳細を見る


鶴次郎です。今日も飛ばして参ります。

しょっぱなからお骨ネタが出てきて気分を害される方もいらっしゃるかと
思いますが(高校生の時にはその種の話が多すぎてよく友人から叱られました)、
私も含め人間はいつか亡くなるものですし戦国の人物は過去の人物(=つまり亡くなった人間)
なのでそうしたテーマも避けては通れないわけですので、悪しからず。


■「直江兼続と田辺」

http://www.agara.co.jp/modules/colum/article.php?storyid=177572

又しても古文書に現れた兼続ファミリーネタでございます。
兼続父子のお骨を高野山に分骨、ですか。それで思い出したのですが、
兼続も含めて戦国武将には結構高野山にお骨を分骨した人がいるようです。

どんな人物が高野山に分骨したのか、そしてこの時代にはそのことにどんな意味が
込められていたのかということをもっと知りたくなりました。
そう言えばお骨で思い出したのですが(現代を舞台にした作品ですが)辻仁成氏が
お書きの小説『白仏』という小説を読んでみたくなりました。

兼続と彼のお骨について考えたことが縁で普段は余り読まない「現代を舞台にした小説」を
たまには読もうと思った鶴次郎でした。



■「東アジア100冊の本」選定

http://www.oita-press.co.jp/worldCulture/2009/10/2009102901000833.html

こちらは記事全体は戦国と直接関係はないですが、中世~戦国期の研究に
縁の深いくだりがございますので書きます。

故網野善彦氏による『無縁・公界・楽』もこの「東アジア100冊の本」に
選ばれたとのこと、とても嬉しいです。何せ中世~戦国期の新しいイメージを
掘り起こすのに一役も二役も買った方の著書ですので。

私は網野氏の著書は『「日本」とは何か』と『日本の歴史をよみなおす(全)』くらいしか
まだ十分に読んでいない(でもこちらも非常に興味深い内容です)ので、こちらも読みたいです。



■舞台「慶次郎物語・序章編」上演-ダンス、芝居、映像の融合作品

http://kanazawa.keizai.biz/headline/548/

■金沢で舞台「慶次郎物語上巻~金澤にて傾いて候」-ダンスと映像コラボの時代劇

http://kanazawa.keizai.biz/headline/740/

面白そうですね。いわゆる戦国ブームというよりむしろ地域密着型なだけに
より地元が誇る戦国の人物への愛着がにじみ出てくるようです。


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


11/3天守バスツアーの為、お休みを頂きます。
もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


【11月で天守は1周年を迎えます。】
10/31、11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

【もののふ 天守OPEN一周年記念】

一周年記念バナー
もののふ 天守 OPEN 一周年記念


【もののふ 天守】が11月1日に1周年記念を迎えました。

おかげさまで、多くの戦国ファンにご来城頂き、
また新聞、テレビ、雑誌、WEBサイトにも取り上げて頂きまして
本当に有り難うございます。

一年を経て、取材ラッシュもようやく落ちつきました。
これまでの取材を累計しますと、100件は超えています。

一周年を記念いたしまして、天守にてお買い上げ頂いた方には
記念特製ステッカーと、お買い上げ頂きました商品の
合計金額の10%還元割引券を差し上げております。
※有効期間は一年間です。

天守一周年記念特集ページ
http://www.tensyu.info/1st.html

【もののふ 天守】限定商品も多数ございますので
この機会にぜひ新宿三丁目【もののふ 天守】へお越し下さい。
※今後、WEB販売も考えている商品もございますが
しばらくは天守のみでの販売となります。


天守番一同お待ちしておりますので
よろしくお願い致します。

戦国ブログが大集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


11/3は天守バスツアーの為、お休みを頂きます。
もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


【11月で天守は1周年を迎えます。】
11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

直江兼続の密状を発見!!【鶴次郎】

義風堂々!!直江兼続前田慶次月語り 1 (BUNCH COMICS)義風堂々!!直江兼続前田慶次月語り 1 (BUNCH COMICS)
(2009/01/09)
原 哲夫堀江 信彦

商品詳細を見る


直江兼続の密状を発見

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20091014-OHT1T00077.htm?from=related

前回に引き続き兼続ネタが出ました。このように、戦国に限らず古書店から重要な資料や、
存在は確認されているけれどどこにあるのか、はたまた現存しているのかすら
不明な資料が見つかることは意外とありますので、その点にも注意を払うことが必要だと思います。

それにしてもこうしたタイプの密状は実に興味深いです。この発見が、
戦国もの(あるいは戦国時代をモチーフにした架空の世界の物語)の
実写・漫画・アニメなどで新しい“密書ネタ”の元になるかも知れないですね。



大阪城がオーストリアの城と提携

http://www.oita-press.co.jp/worldCulture/2009/10/2009100201000291.html

少し前のニュースになってしまいましたが、興味深いのでこちらに書きます。

日本絵画が西洋に渡ってもてはやされた例、と言いますと19世紀中~後期の印象派と
浮世絵のことがまず挙げられますが、このようにそれ以前にもそうしたことがあり、
且つこの例では(スペイン・ポルトガル・オランダ・イギリスなど戦国~江戸前期に
日本とつながりがあった国ではなく)直接のつながりがなかったオーストリア
(但しこの時代はスペインとオーストリアの君主はハプスブルク家という親戚同士
だったので、その縁でこの絵もスペインを通してオーストリアに持ち込まれたと
考えられます)に戦国日本で描かれた絵があったことに改めて世界というのは
つながっているんだなァとしみじみ思いました。



龍ケ崎市の仙台藩ゆかりの史跡

http://www.city.sendai.jp/kyouiku/bunkazai/ryugasaki/index.html

いわゆる“ニュース”ではないですが矢張り興味深いのでこちらに書きます。

伊達氏は結構あちらこちらに飛び地を持っていたようですね。
その件で気になっていたのですが、茨城県の利根川流域出身の私が子ども時代に
政宗の存在を知ったきっかけとなったのは「鮭の皮を好んで食べた殿様の話」というものです。

ものの本によりますとこれは同一の逸話が、ある地域ではAという人物のこととして、
又別の地域ではBという人物のこととして語られているタイプの話で、最もポピュラーな形としては
徳川光圀(いわゆる水戸黄門です)のこととして語られているのだそうです。

それを仙台より水戸に近い地域(更に言うなら竜ヶ崎には水戸よりも近い地域)で
なぜ政宗のこととして語られているのかということの謎の一端がここにある気がします。
本当にこうしたつながりは興味深いです。


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


11/3天守バスツアーの為、お休みを頂きます。
もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


【11月で天守は1周年を迎えます。】
10/31、11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

【遺構なし】上州・真田・北条の城、最前線ツアー

第二回天守ツアー 晴れ
第二回もののふ天守企画戦国バスツアー

こんな感じで晴れるといいなあ~


もののふ主宰の田中です。

もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


今回はこれまでの天守企画・戦国バスツアーの中では
最もマニアックな旅程となりそうです。

●名胡桃城
三国街道の利根川渡河点の城。
天正17年10月23日、北条軍が攻略、
これをきっかけに小田原攻めが始まる。

●沼田城
名胡桃城の対岸にある北条氏最前線の城。

●箕輪城
上州の名門長野氏の居城。
越山する謙信を押えるため、信玄が兵を入れにらみ合う。
保存状態の良い、関東を代表する大規模戦国期城郭


「城」といいますと、普通は天守閣や本丸など建築物を
想像すると思うのですが、今回そういった建築物はありません。



→名胡桃城 
名胡桃城址として県指定史跡
遺構 なし

→沼田城 
沼田市指定史跡
遺構 土塁、堀、石垣、城門(移築)

→箕輪城 
国の史跡 日本100名城
遺構 石垣、土塁、空堀、馬出し、井戸



名胡桃城にいたっては、遺構なし です。

遺構なし…


何にもない、そんな場所にわざわざ行って、何を見るのか?


それが戦史研究家・藤井尚夫先生のガイドによって
明かされていくのが戦国ツアーの醍醐味と思っております。


また普段一人で考えている(妄想している?)ことも
ツアー中、他の戦国ファンと楽しく雑談することで、
新たな発見があるのではないでしょうか。


もののふブランドは、多角的なアプローチにより
戦国時代の「本質的」なものを「わかりやすく」して
戦国好きはもちろん、一般の方にも関心を持って頂きたいと思っております。

それはファッションであり、史跡巡りであり、イベントであり
楽しく雑談したり、呑みながら議論したり・・・

大きな会場に何百人も集めてイベントを行うなど
派手なことは出来ませんが、少数精鋭本質的濃い
そういった場を継続的に提供していきたいと思います。




急遽2名キャンセルが出ましたので
お申し込みはお早めにどうぞ!

>>> info@mononofu.net

>>> もののふ・お問い合わせフォーム


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


【11月で天守は1周年を迎えます。】
10/31、11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

直江兼続、太っ腹寄付 北野天満宮に米100石 【鶴次郎】

皆さま、はじめまして。歴史と古典が大好きな鶴次郎(かくじろう)と申します。
鶴次郎と名乗っておりますが、れっきとした女性の歴史ファン、つまり歴女でございます。
これから時々(頻繁に?)こちらに寄稿させて頂きまして、戦国に関するニュースの
ご紹介とそれに関してふと個人的に思ったことのコメントや、自分で掘り出しました
戦国ネタなどを書いていきたく存じます。

明大が世界最大級の漫画図書館を開設へ

■明大が世界最大級の漫画図書館を開設へ
http://sankei.jp.msn.com/topics/entertainments/1981/ent1981-t.htm
こちらは戦国と直接関連がないですが敢えて取り上げてみました。
なぜなら、戦国ものはメジャー・マイナーを問わずアニメ・漫画・ゲーム化される
ことが非常に多いのですが、私はそうしたサブカルチャーに表現された戦国
(あるいは戦国時代をモチーフにした架空の世界の物語)も一つの文化であると思うので、
それらを資料・文献として保存し、又きちんと文化・芸術として位置付けていく
動きが必要だと考えているからです。そのことを(沢山のプロジェクトの
一環としてではあると思いますが)実現するのに、この明治大学の試みは最適だと思います。
何せ漫画喫茶では、本の資料としての劣化とか新陳代謝が激しいですし。


■歴史ファン必見!安土城の姿、書籍に
滋賀県教委が発刊
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102400063&genre=M1&area=S20

調査報告書を一般の歴史ファンにも解りやすく読めるように書き直して書籍化したとのこと、
本当に頭が下がります。こういう試みがもっと広がっていけばいいと思います。

又、安土城だけでなく周囲にあった武将らの邸宅跡などについても調査され、
記録されている点が斬新で良いと思います。


■直江兼続、太っ腹寄付 北野天満宮に米100石
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091024STXKG020224102009.html

このように、大きな寺社にある古記録・古文書の中には戦国の人物に限らず歴史的人物に
関する記録が残っていることが何度となくあるようですね。そういった記録から
歴史的人物の意外な一面や、当時その人物が置かれていた政治的・経済的状況を
垣間見ることができるので、この種の記録は相当貴重だと思います。

でもものの本によりますと、そうした記録が(例えば天正時代に書かれた記録用紙の
裏面が元禄時代にメモ用紙にされてしまったりというように)裏側を他の用途に
使用されたり“ゴミ”とされ散逸してしまうこともよくあるようなので、それらにも
目を配ることが大切だと思いました。


■歴女必見、高崎で「上州のよろいとかぶと展」-甲冑姿で記念撮影も
http://takasaki.keizai.biz/headline/914/

高崎の戦国関連イベントはいわゆる戦国ブーム以前から行われていたそうですので、
頼もしいことに一時的なブームに終わらない文化を育んでいるようです。
他の地域も一時的なブームに終わらないで欲しいと思います。

私も是非見に行きたいです。そして高崎ゆかりの武将にはどんな人がいたのかに
ついても知りたいです。



もののふ天守企画戦国バスツアー
締切間近!上州真田・北条の城バスツアー


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


【11月で天守は1周年を迎えます。】
10/31、11/1
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

「勇気ある経営大賞 特別賞」【久米繊維工業】

【「すぐやる!」技術】出版記念Tシャツ【「すぐやる!」技術】出版記念Tシャツ
()
久米繊維工業株式会社

商品詳細を見る


先日もブログに書きましたように
もののふブランドのTシャツのBODYは
久米繊維工業謹製

その久米繊維工業さんが、
なんと東京商工会議所の

勇気ある経営大賞 特別賞」を受賞したとの事です!

素晴らしい!


【T-galaxy.com】 http://www.t-galaxy.com の
盛本店長のメルマガから抜粋


(ここから)

久米繊維が「勇気ある経営大賞」の受賞した理由なのですが、


  「うちは国内で縫っています」

  と伝えると、

  繊維業界のかたはたいてい
  驚かれます。

  …というくらい、
  国内の繊維業界は危機的状況なのです…。


  そういった社会環境をふまえて、

  東京商工会議所が
  久米繊維を特別賞に選んでくださったのは
  こんな点でした。


  ここから↓「表彰のポイント」の抜粋です。

  ──────────────────────────
  国産比率10%未満のTシャツ市場にあって、
  高い品質とストーリーやテーマ性を込めた付加価値の高い
  独自ブランド
を展開することで、
  価格競争に無縁なビジネスモデルを構築したこと。
  ──────────────────────────


  ほかにも表彰の理由はあるのですが、

  長年
  「日本でのモノづくり」にこだわり続けて
  工夫して

  いろいろなことを模索してきたことが
  表彰のポイントだったのですね。



(ここまで)


と長年のモノづくりにこだわった経営努力が評価されたようです。


もののふブランドもいろいろと無理難題をお願いしているのですが、
毎回納得出来るまでとことんお付き合い頂きまして、よい作品に結びついております。
本当、我が事のように嬉しいです、そして見習わなければと思いました。

継続していれば、必ず誰かが見ていてくれます。
本当におめでとうございます!


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

 フワフワお城 【関ヶ原合戦祭り】

関ヶ原合戦祭り初日は急に大雨が降ったようで、
出展者の皆様も大変だったようです。

もののふブランドのブースは近江山城巡歩隊の隊長さんと
昨年お手伝い頂きました、かっちさんにご協力頂きまして
出店することが出来ました、有り難うございます!

今年もたくさんの方がいらっしゃったようで
戦国グッズマーケットも賑わったようです。

来年は410年記念ということで、お祭り自体もよりパワーアップする
ようですので、来年こそは参加出来ればと思っております。

ところで、改めて関ヶ原合戦祭りのパンフレットを
もののふ天守で眺めていたのですが、

なんと昨年出展者の間で人気の高かった
大林幸二さんの「関ヶ原!男の決断! 長編歌謡絵巻」が
今年は2009年バージョンとなってステージに登場とのことで
ぜひとも聞きたかったです。

また静岡のオレンチェ! 
こちらのグループも昨年、笹尾山会場をカワイイ甲冑姿で
盛り上げてくれたのですが今年は人数が増えているではないですか!


うぅーーーどちらとも観たかったです……

昨年参加した人にしか、わからない事なのですが
こういった事も毎年参加する醍醐味かと思いました。


余談ですが、天守番の関ヶ原合戦祭りのプログラムについての反応は?というと

天守番「フワフワお城で遊んでみたい」! ←そっちかい!


もののふ天守企画戦国バスツアー
関東最前線!上州真田・北条の城バスツアー


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


【天守からの告知です】
10/24,25
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

ぬるい

玉入れ
※本文と画像は関係ありません。

娘(5歳)の幼稚園の運動会に参加。

噂には聞いていましたが、何事も競争して
順位を決めることに積極的ではない事を
目の当たりにして時代の変化を感じました。

まず徒競走はあっても順位を決めない。
ただ走るだけ。

障害物競走かと思ったら、各人が障害物を越えるまで
何度もやらせるといった形式。

リレーも競争にはなっていましたが、2回戦しか行わず
結果引き分けに持ち込む形式。

それとは反対に保護者参加の玉入れ競争はガチンコの
トーナメント方式で異様に盛り上がっておりました。

あれだけ盛り上がるのだから、園児達も何故競争しないのか不思議です。

何事も勝ち負けを争うというのも息苦しいものですが
全く競争がないというのも面白くないものです。

勝って嬉しいことも、負けてくやしい事もあるのが世の中の常。
園児達にとっても、様々な感情を経験するのが良いのではと感じました。

懐古主義ではありませんが、昔の運動会が単純で良かったのかも。
時代の流れなのでしょうか。

関ヶ原合戦祭り へ参加する理由

明日から関ヶ原合戦祭り2009が始まります。

場所はもちろん東西激突の地、関ヶ原。

もののふブランドは戦国グッズ市に出店します。

戦国グッズを販売しているところも最近多くなっておりますね。
今回は全国から10店舗出店するようです。

もののふブランドの商品は、戦国好きの方が「おっ!」と
思わせるようにデザインしているのですが、Tシャツ好きの方にも
満足頂けるような品質を心掛けております。

例えば、BODYで使用しているクオリスマ。
国産Tシャツ草分けの久米繊維工業の代表作。
久米繊維工業さんは、なんと無地一万円のTシャツを
製作しておりますので、品質は折り紙付きです

佐竹義宣Tシャツ


また新作の【佐竹義宣Tシャツ】

まず何故佐竹?というところから、もののふブランドの
心意気を感じていただけると思います。

プリントもあまり使用されない、特殊な毛足の長いプリントです。
毛虫の兜だから、わざわざ毛を付けました。
 
コストや販売方法を考えますと、こういったアイテムを作ることは
面倒で時間がかかり商賣人としては失格なのですが、祖父から受け継いだ
職人気質がそういった品質にこだわる性分にさせたのでしょう。

戦国ブームに乗り、ゲームやアニメで扱われる武将ばかり
商品化されていますが、それでは戦国武将を表現しているとは言えません。
それは単なるキャラクター商品です、戦国文化の精神を伝えるものではありません。

もちろんビジネス的には正しいのですが、本当に戦国が好き
この商賣をやっているのか、お客様のことを本当に考えているのか疑問符が付きます。

自分たちで企画を練ってオリジナルを作っているからこそ企画制作側、提供側には
こういった部分がよくわかります。

「あーこの商品はウチの二番煎じだな~」とか、「ウチの商品を小型化しただけじゃん」とか
そういった傾向はIT系広告系から参入してきたグッズ屋さんに多いようです。
※あくまでも「グッズ屋さん」であり「ブランド」とは言いません。

お客様には、そういった部分は非常に伝わりづらいと思いますが
これを機会に、もののふブランドと他の戦国グッズと見比べて
その商品に対する姿勢を比較して頂きたいと思います。
(本当は言いたくないのですが、あまりにも目に余るので・・・)

それが、こういった一堂に介するイベントへ参加する一番の理由です。

ちょっと熱くなってしまいましたが、お祭りには
あの伝説の戦国ドラマの傑作「関ヶ原」で石田三成を演じた
加藤剛さんのスペシャルトークがありますので、参加出来る方がうらやましい!

加藤剛
石田三成 加藤剛




もののふ天守企画戦国バスツアー
関東最前線!上州真田・北条の城バスツアー


戦国ブログが集結
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


天守からの告知です】
10/17、18
休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 

Home > 2009年10月

最新記事
もののふ主宰のつぶやき
iPhone3GSbanner2_200_128
リンク
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。