Home > スポンサー広告 > 長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sinzenbi.blog82.fc2.com/tb.php/441-5671e1ae
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from もののふ主宰のブログ

Home > スポンサー広告 > 長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】

Home > 鶴次郎 > 長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】

長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】

薩摩義士伝 (1) (SPコミックス―時代劇シリーズ)薩摩義士伝 (1) (SPコミックス―時代劇シリーズ)
(2001/06)
平田 弘史

商品詳細を見る



鶴次郎です。前回の拙コメントの最後のクリックボタンの所に
「鶴次郎がんばれ! と思う人はクリック」のお言葉があったので
大変勇気付けられました。ありがとうございます。

そして今日も頑張って参ります。


■酒匂川の築堤400年記念し交流フェア/小田原

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0911010016/

酒匂川堤防の整備をした人物としては二宮尊徳が有名ですが、
戦国時代にも酒匂川治水に努力した大名がいたということには私も驚きました。

戦国武将というと、その「戦国武将」の呼び名からして“武人”のイメージが前面に押し出されて語られることが多いですが、こうした“為政者”としての業績を再評価することも、歴史の奥深さを知る上で良いと思います(現に戦国の人物でも比較的新しい時代まで活躍した人物の中には、直江兼続・伊達政宗・前田利常などのように“政治家”としての評価も高い人物が随分いますし)。



■仁愛女子高で発掘調査見学会 校内の武家屋敷跡に感慨

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=8905

戦国末期の遺跡が学校の敷地内から発掘、ですか。
羨ましい、の一言に尽きます。


そう言えば子どもの頃から気になっていたのですが、いわゆる“学校の怪談”系統の話で「落ち武者の幽霊」の話が相当多いことを思い出しました。その話が事実か作り話かはさておき、そうしたネタが多く語られることに、本当は戦国の遺跡・遺物というものは意外と身近にあるということの一端を垣間見ることができそうです。



■豊烈神社の創建に新史料 1816年「初代当主祭神」許可

http://yamagata-np.jp/news/200911/05/kj_2009110500081.php

結構戦国期の人物を祭神とする神社は多いですね。この記事から、そうした神社がどのようないきさつで建立されたのか、神として祀られるにはどのような手続きが必要だったのかということを垣間見ることができそうです。


そのような神社で比較的若い層の歴史ファンにも人気が高い(勿論私も是非とも行きたい)神社としては、上杉謙信(&上杉景勝・直江兼続)を祭神とする上杉神社や伊達政宗を祭神とする青葉神社などがありますが、政宗の場合は(謙信・景勝・兼続らにはないそうですが)まるで記紀神話の神々のような祭神としての正式な名前というか戒名(という表現が正しいのかどうかは解りかねますが)があるそうです(後で私も確認致します)。そんな点からも、色々なことが分かりそうです。



■大災害時、会津に“疎開”を 赤べこ会が首都圏からファン紹介

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=4141931&newsMode=article

会津は戦国(と幕末)の史跡が多いので、歴史ファンの方々にも喜ばれそうなアイデアだと思います。

私も早速資料を送って頂くことになりました。なぜなら会津は史跡が多く、伝統工芸も盛んであり、且つ小学生の時に修学旅行で行ったことがある上に米沢・仙台などもっと北の“戦国の聖地”への玄関口だからです。こういった活動が、他の地域でもあればいいと思います。

■高知県庁ホームページ‐長宗我部元親と土佐の戦国時代
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111602/kanko-chosogabe.html

こちらはいわゆる“ニュース記事”ではないですが、新しく高知県公式サイトに
こういうコーナーができたそうなので書きます。

それにしても歴史ファンの人たちがそもそもの長宗我部氏発掘・顕彰の牽引役になって行政まで動かしてしまう(県のサイトにこのように“郷土ゆかりの偉人”として取り上げられるというのも、立派な“行政への影響”だと思いますので)パワーは凄いです。一躍メジャーになった直江兼継に続いて長宗我部氏のメジャー化も期待されます。


ランキング流動中
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


天守一周年記念バナー
11/7,8休まず営業しております。

「戦国大名関係系図」を探しております。

カムイ外伝コラボバナー
カムイ外伝xもののふコラボレーション
(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

正統派戦国ブランドのパイオニア【もののふ】
もののふブランドバナー234_60 
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sinzenbi.blog82.fc2.com/tb.php/441-5671e1ae
Listed below are links to weblogs that reference
長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】 from もののふ主宰のブログ

Home > 鶴次郎 > 長宗我部元親と土佐の戦国時代【鶴次郎】

最新記事
もののふ主宰のつぶやき
iPhone3GSbanner2_200_128
リンク
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。